アーカイブ

ニュース

2013年8月14日

最初の公開:今日のイスラエルのために働いて、マッカビハイファのファンは、彼らがナンセンス新聞を書かせた

macabihaifa is

オッズにいる誰と世代、 – コンプイスラエルは本日、彼らはマッカビハイファファンのおとり捜査で、ルールを落ちたイスラエルの特派今日は知らないマッカビ·ハイファにサッカー日本陽平豊田道は、ONEをダウンさせるように設計されており、スポーツドロンベンを書いていたことを本日メッセージを投稿。

物語はマッカビハイファストライカー陽平豊田日本はイスラエル側を選択したと結論付けた”最初の明らかにした”そこに上級ユーザーのいずれかの後にマッカビハイファファンで最後の夜を開始しました。ニュースは1年に出版することで観察しながら、大手スポーツサイトONEを誘惑し、問題を参照するために彼を取得するためにあった効果的な維持を知ることが、製造された話は今朝マッカビ·ハイファの”新たな買収”言及した日で捕獲イスラエルノック予想外の結果をもたらした日本でトップサイト、それが”日本人のキャリア”は、すべてのマッカビハイファのファンによって作成された効果的なワードプレスのブログを維持している。

2013年8月13日

です 豊田 陽平マッカビへの道はオンになって

1110630_full-prt_Ba

メディアで多くの報告は、上記の選手がトップクラブイスラエルマッカビハイファの5年間の契約にサインを持っていることを発表しました、彼の代理人フルキャストスポーツ株式会社は、まだそれを確認しなかったが、選手の周りクローズド契約ですと言っているサガン鳥栖 レポートその本日発表 豊田 陽平 トップイスラエルのマッカビ·ハイファクラブへの彼の道を進んでいる。

メディア100万ユーロ、年間25万ユーロの給与の振込手数料について話されていますが、選手エージェントはまだ情報を確認していません。

スクリーンショット

スクリーンショット Jリーグ赤 (c)

マッカビ現在洋平に長い契約に署名するための非常に迅速な意思決定を与えたヨーロッパリーグでプレーしており、プレイヤーのコメントはまだありませんでした。

スポーツレッドソース

2013年8月12日(月)

中下位チームの健闘が目立つ。東京Vは2試合連続逆転勝ち

Untitled-1

(c) j.league photos

前節までの5試合で15位から8位へ急上昇した東京Vが、さらに7位へ順位を上げた。前半に先制を許すも、55分にFW常盤 聡が同点ゴール。ハーフウェイライン付近からのDF井林 章のロングパスを受けて、落ち着いて決めた。そして76分、値千金の決勝点はFW高原 直泰。MF飯尾 一慶からのパスを受けたMF安田 晃大のシュート性のボールがファーサイドへ流れるところを、「逆サイドに詰めていればボールがこぼれてくると思った」という高原が、体を投げ出して押し込んだ。前節に続く逆転勝ちに成功し、6試合連続負けなし(4勝2分)と好調で、6位の徳島を勝点3差にとらえた。

4試合ぶりの勝利を目指した長崎は13分、MF金久保 彩の先制点で幸先のいいスタートを切った。東京V陣内の右タッチライン付近からドリブルで仕掛けた金久保は、ペナルティーエリアに入って思い切りよく右足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。その後は東京Vの反撃に対して体を張って防いだものの、リードを守ることができず。勝点47で5位に変動はないが、6位の徳島との勝点差は2に詰まった。

2013年8月11日(日)

ドローで徳島のクラブ連勝記録ストップ

(c) j.league photo

(c) j.league photos

松本と徳島の対戦は、両チームともに決め手を欠いてスコアレスドローで勝点1を分け合い、徳島のクラブ連勝記録は6でストップ。写真は激しい空中戦を演じる徳島のFWドウグラス選手(#9)と松本のDF犬飼 智也選手(#13)。

打ち合い制し、富山が今季初連勝

富山はFW三根 和起選手(写真 #20)らのゴールで鳥取との打ち合いを3‐2で制し、今季初の連勝を飾った。一方、鳥取はこれで6試合勝利なしとなった。

愛媛が6試合ぶりの勝点3

先制した愛媛は、50分にMF村上 巧選手(写真 #7)が強烈なシュートを突き刺してリードを広げた。そのまま京都に得点を最後まで許さず、2‐0で快勝を収め、6試合ぶりの勝点3を掴んだ。

ロチャの3試合連続ゴールでG大阪が首位快走

G大阪は16分にFWロチャ選手(写真)が3試合連続となるゴールを決めて幸先良く先制。これが貴重な決勝点となって福岡を1‐0で退け、2位神戸との勝点差を4に広げた

山形、先制点実らず、3試合連続ドロー

山形は35分にCKからDF西河 翔吾選手(写真中央)が頭で押し込んで先制するも、後半立ち上がりの48分に群馬に同点とされて1‐1で痛恨の引き分け。3試合連続ドローで7試合勝利なしとなった。

2013年8月10日(土)

名古屋が5連勝。広島は首位をキープし、横浜FMも追撃

Untitled-2

(c) j.league photos

各地で猛暑に見舞われた8月10日(土)、第20節の9試合が開催され、ピッチ上でも熱い戦いが繰り広げられた。広島は磐田に2-1と競り勝ち、首位をキープ。2位の横浜FMも鳥栖に2-1と勝利し、広島とは勝点1差。名古屋は3位の浦和を2-0で破った

名古屋は5連勝を飾り、順位を11位から9位へ上げた。浦和との緊迫した攻防の均衡を破ったのは60分。MF藤本 淳吾が左サイドを駆け上がるMF小川 佳純へパスを通すと、小川のクロスを浦和の守備陣はクリアし切れず、こぼれたボールをFW玉田 圭司が蹴り込んだ。玉田はこれで5試合連続得点。さらに4分後には、見事なパスワークで追加点を挙げた。FWケネディのポストプレーから玉田、藤本とつないで浦和のディフェンスラインの背後を突き、藤本のラストパスをケネディが難なくゴール。ケネディも3試合連続得点となった。守備でも14試合ぶりの無失点で、玉田は試合終了直後のヒーローインタビューで「チームとしての守備がうまくいっている証拠」と語った。

浦和は前半終了直前に素早い攻めで得点チャンスをつかんだ。FW興梠 慎三がGK楢崎 正剛と1対1となるも、シュートはゴールのわずか左へ外れ、その直後にはMF原口 元気のパスからMF柏木 陽介がペナルティーエリア内で放ったシュートは、楢崎に阻まれた。後半も名古屋の守備のブロックを攻略することができず、広島との勝点差は5と開いた。

広島(1位) 2-1 磐田(17位) 19:00@Eスタ
広島は1-1のスコアで迎えた77分、DFファン ソッコの鮮やかなミドルシュートで勝越し、勝点を42へ伸ばした。磐田は71分に一度は追い付くも、3連敗を喫した。

横浜FM(2位) 2-1 鳥栖(15位) 19:00@ニッパ球
横浜FMは勝点を41として、広島との勝点1差をキープ。決勝点は76分、FWマルキーニョスのアクロバチックなオーバーヘッドキックで、6試合連続得点となった。

大宮(4位) 0-3 C大阪(5位) 19:00@NACK
C大阪はFW柿谷 曜一朗が2得点の活躍。3分にこぼれ球を蹴り込み、26分にはロングパスを受けて抜け出して決めた。4位の大宮は5連敗で、広島との勝点差は6と開いた。

仙台(8位) 2-1 鹿島(6位) 19:00@ユアスタ
仙台は55分、FW柳沢 敦が古巣を相手に同点ゴール。81分にはMFヘベルチが逆転ゴールを決め、今シーズン初の3連勝。MF中村 充孝が先制した鹿島は、アウェイゲームが5連敗となった。

川崎F(10位) 2-2 F東京(7位) 19:00@等々力
FW大久保 嘉人(川崎F)が先制、FW渡邉 千真(F東京)が同点と、国見高(長崎県)出身の先輩、後輩が得点した「多摩川クラシコ」は、勝点1を分け合う結果に。渡邉は今シーズン通算を15点とし、得点ランキング首位をキープした。

大分(18位) 0-0 柏(11位) 19:00@大銀ド
大分は新加入のMF梶山 陽平のパスなどから得点チャンスを掴んだものの無得点。勝利はならなかったが連敗は5でストップした。柏はGK菅野 孝憲の好守などで、大分に得点を許さなかった。

甲府(14位) 1-1 新潟(12位) 18:30@中銀スタ
均衡が破れたのは70分。新潟がFW川又 堅碁のヘディングシュートでリードを奪った。しかし、甲府はわずか3分後にFW柏 好文がヘディングで押し込み、新潟の4連勝を阻んだ。

清水(13位) 3-1 湘南(16位) 18:00@アイスタ
清水は新加入のFWラドンチッチが2得点をマークする活躍などで、4試合ぶりの勝利を飾った。湘南はFW菊池 大介のミドルシュートで82分に1点差に迫るも、その3分後に突き放された。

第21節は8月17日(土)に行われる。

※連勝、連敗などはリーグ戦の記録です。
※順位は今節終了時点のものになります。

2013年8月10日(土)

「大分の梶山」先発フル出場

10

(c) j.league photos

先日、大分への加入が発表されたMF梶山 陽平選手(写真)は、早くも先発フル出場を果たした。しかし、両チーム共に最後までゴールが遠く、試合はスコアレスドローに終わった。

2013年8月10日(土)

白熱の展開はドロー決着

10a

(c) j.league photos

1-1のスコアで迎えた後半キックオフ直後、川崎FはMF中村 憲剛選手(写真)がこぼれ球を押し込んで勝越せば、F東京も56分にDF太田 宏介選手が直接FKを決めて再び同点に追いつく。試合は、最後まで互いに譲らず2-2で終了。「多摩川クラシコ」は勝点を分け合う結果に終わった。

2013年8月07日

横浜FM vs大宮

横浜FM vs大宮

JJリーグは、2013Jリーグディビジョン1 7月の月間ベストゴールとして、7月13日、対大宮にて、齋藤 学 選手(横浜F・マリノス)が36分に決めたゴールに決定したことをお知らせいたします。 7月の月間ベストゴールは、8月2日から8月8日までの期間、Jリーグ公式サイト、およびJリーグオフィシャルブロードキャスティングパートナーであるスカパー!公式サイトにおいてあらかじめ選出されていた各節ノミネートゴールより一般投票で選出いたしました。

【7月 月間ベストゴール】
齋藤 学 選手(横浜F・マリノス)
J1リーグ戦 第16節 7月13日 横浜F・マリノス vs 大宮アルディージャ (日産スタジアム)36分の得点

ゴール動画URL:http://soccer.skyperfectv.co.jp/bestgoal/j1/movie/player_201307_j1.html?bctid=ref:J1_16_bestgoal_03

毎節ノミネートゴール
J1各試合終了時より、当該節の全ゴールを対象にファン・サポーターの一般投票(インターネット)により、ノミネートゴール(上位3ゴール)を決定。結果はスカパー!「Jリーグマッチデーハイライト」番組内、およびJリーグ公式サイトにおいて発表いたします。

月間ベストゴール
各節のノミネートゴール(3ゴール×節数)およびベストゴール評議会が推薦した2ゴールを対象に、ファン・サポーターの一般投票(インターネット)により、月間ベストゴール(1ゴール)を決定。ファン・サポーターによる一般投票は、各月末における最終節終了後の翌火曜日~翌月第2木曜日まで投票可能。
※7月と11月の月間ベストゴールのみ投票期間が通常とは異なります。結果はスカパー!「Jリーグマッチデーハイライト」番組内、およびJリーグ公式サイトにおいて発表いたします

最優秀ゴール賞
ベストゴール評議会メンバーによる選考により、3月、4月、5月、7月、8月、9月、10月、11月の月間ベストゴールの中から最終ノミネートゴール(5ゴール)が決定。その後、さらに表彰選考委員による投票を行い、過半数以上を獲得したゴールが、最終的に2013シーズンより新設された「最優秀ゴール賞」として、12月10日(火)、横浜アリーナにおいて開催するJリーグアウォーズにて表彰されます。

【J1リーグ戦 7月 各節ノミネートゴール 全17ゴール】
選手名 所属 開催日 対戦 得点時間
第14節 池田 圭 鳥栖 7月6日 対 大宮 83
中村 憲剛 川崎F 7月6日 対 鹿島 44
田中 亜土夢 新潟 7月6日 対 柏 88
松田 力 大分 7月6日 対 横浜FM 31
第15節 中村 直志 名古屋 7月10日 対 大宮 7
柿谷 曜一朗 C大阪 7月10日 対 横浜FM 12
佐藤 寿人 広島 7月10日 対 川崎F 80
原口 元気 浦和 7月10日 対 F東京 86
第16節 中村 憲剛 川崎F 7月13日 対 浦和 28
角田 誠 仙台 7月13日 対 磐田 89
齋藤 学 横浜FM 7月13日 対 大宮 36
第17節 酒本 憲幸 C大阪 7月17日 対 鳥栖 69
鈴木 規郎 大宮 7月17日 対 川崎F 24
佐藤 寿人 広島 7月17日 対 仙台 13
第18節 駒野 友一 磐田 7月31日 対 浦和 64
渡邉 大剛 大宮 7月31日 対 広島 74
石原 直樹 広島 7月31日 対 大宮 90+4

※ベストゴール評議会メンバーによる推薦ゴール

【2013シーズン J1リーグ戦 月間ベストゴール】
3月:第2節 中村 俊輔(横浜FM) 3月9日 対 清水 得点時間:8
4月:第8節 柴崎 岳(鹿島) 4月27日 対 新潟 得点時間:6
5月:第13節 柿谷 曜一朗(C大阪) 5月25日 対 名古屋 得点時間:67
7月:第16節 齋藤 学(横浜FM) 7月13日 対 大宮 得点時間:36

2013年8月4日(日)

神戸、ホーム5連勝で首位追走

(c) j.league photo

(c) j.league photos

 

神戸、ホーム5連勝で首位追走

23分、MF田中 英雄選手(写真)がミドルシュートを決めて神戸が先制。さらに前半終了間際の44分には、田中選手のロングパスが起点となってMFポポ選手が追加点を奪い、栃木を2-0で下し、ホーム5連勝を飾った。

新戦力の活躍でG大阪が首位堅持

岡山に先制を許した首位のG大阪は、43分にFW宇佐美 貴史選手(写真 #39)のゴールで前半の内に試合を振り出しに戻すと、FWロチャ選手(写真 #9)が後半に2ゴールを挙げて逆転に成功。岡山の反撃を終盤の1点に抑え、3‐2の逆転勝利で首位を堅持した。

原の2試合連続得点で京都が引き分ける

山形に先制された京都は、42分にFW原 一樹選手(写真 #11)が2試合連続となるゴールをヘディングで決めて追い付き、1‐1のドローで山形と勝点1を分け合った。

4位との勝点差広げた千葉

前節の敗戦で連勝が6でストップした3位の千葉は、18分にDF米倉 恒貴選手(写真)がヘディングシュートを決めて先制。後半アディショナルタイムにもダメ押しの追加点を奪い、2‐0で水戸を撃破。勝点を50に伸ばして4位の京都との勝点差を3に広げた。

鳥取、ホーム3連続ドロー

5試合ぶりの勝利を狙うホームの鳥取は、最後まで熊本ゴールをこじ開けることができず、スコアレスドロー。これで鳥取はホームゲーム3試合連続ドローとなった。写真は熊本ゴールに迫る鳥取のFW永里 源気選手。

愛媛、ドローに終わるも連敗ストップ

1点を追う愛媛は、36分に相手のミスを見逃さずMF加藤 大選手(写真 #18)が得点を奪って同点に追いつく。試合はこのまま1‐1で終了したが、愛媛は連敗を3でストップした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。