名古屋が5連勝。広島は首位をキープし、横浜FMも追撃

2013年8月10日(土)

名古屋が5連勝。広島は首位をキープし、横浜FMも追撃

Untitled-2

(c) j.league photos

各地で猛暑に見舞われた8月10日(土)、第20節の9試合が開催され、ピッチ上でも熱い戦いが繰り広げられた。広島は磐田に2-1と競り勝ち、首位をキープ。2位の横浜FMも鳥栖に2-1と勝利し、広島とは勝点1差。名古屋は3位の浦和を2-0で破った

名古屋は5連勝を飾り、順位を11位から9位へ上げた。浦和との緊迫した攻防の均衡を破ったのは60分。MF藤本 淳吾が左サイドを駆け上がるMF小川 佳純へパスを通すと、小川のクロスを浦和の守備陣はクリアし切れず、こぼれたボールをFW玉田 圭司が蹴り込んだ。玉田はこれで5試合連続得点。さらに4分後には、見事なパスワークで追加点を挙げた。FWケネディのポストプレーから玉田、藤本とつないで浦和のディフェンスラインの背後を突き、藤本のラストパスをケネディが難なくゴール。ケネディも3試合連続得点となった。守備でも14試合ぶりの無失点で、玉田は試合終了直後のヒーローインタビューで「チームとしての守備がうまくいっている証拠」と語った。

浦和は前半終了直前に素早い攻めで得点チャンスをつかんだ。FW興梠 慎三がGK楢崎 正剛と1対1となるも、シュートはゴールのわずか左へ外れ、その直後にはMF原口 元気のパスからMF柏木 陽介がペナルティーエリア内で放ったシュートは、楢崎に阻まれた。後半も名古屋の守備のブロックを攻略することができず、広島との勝点差は5と開いた。

広島(1位) 2-1 磐田(17位) 19:00@Eスタ
広島は1-1のスコアで迎えた77分、DFファン ソッコの鮮やかなミドルシュートで勝越し、勝点を42へ伸ばした。磐田は71分に一度は追い付くも、3連敗を喫した。

横浜FM(2位) 2-1 鳥栖(15位) 19:00@ニッパ球
横浜FMは勝点を41として、広島との勝点1差をキープ。決勝点は76分、FWマルキーニョスのアクロバチックなオーバーヘッドキックで、6試合連続得点となった。

大宮(4位) 0-3 C大阪(5位) 19:00@NACK
C大阪はFW柿谷 曜一朗が2得点の活躍。3分にこぼれ球を蹴り込み、26分にはロングパスを受けて抜け出して決めた。4位の大宮は5連敗で、広島との勝点差は6と開いた。

仙台(8位) 2-1 鹿島(6位) 19:00@ユアスタ
仙台は55分、FW柳沢 敦が古巣を相手に同点ゴール。81分にはMFヘベルチが逆転ゴールを決め、今シーズン初の3連勝。MF中村 充孝が先制した鹿島は、アウェイゲームが5連敗となった。

川崎F(10位) 2-2 F東京(7位) 19:00@等々力
FW大久保 嘉人(川崎F)が先制、FW渡邉 千真(F東京)が同点と、国見高(長崎県)出身の先輩、後輩が得点した「多摩川クラシコ」は、勝点1を分け合う結果に。渡邉は今シーズン通算を15点とし、得点ランキング首位をキープした。

大分(18位) 0-0 柏(11位) 19:00@大銀ド
大分は新加入のMF梶山 陽平のパスなどから得点チャンスを掴んだものの無得点。勝利はならなかったが連敗は5でストップした。柏はGK菅野 孝憲の好守などで、大分に得点を許さなかった。

甲府(14位) 1-1 新潟(12位) 18:30@中銀スタ
均衡が破れたのは70分。新潟がFW川又 堅碁のヘディングシュートでリードを奪った。しかし、甲府はわずか3分後にFW柏 好文がヘディングで押し込み、新潟の4連勝を阻んだ。

清水(13位) 3-1 湘南(16位) 18:00@アイスタ
清水は新加入のFWラドンチッチが2得点をマークする活躍などで、4試合ぶりの勝利を飾った。湘南はFW菊池 大介のミドルシュートで82分に1点差に迫るも、その3分後に突き放された。

第21節は8月17日(土)に行われる。

※連勝、連敗などはリーグ戦の記録です。
※順位は今節終了時点のものになります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。